荷重変動型摩擦摩耗試験システム TYPE:HHS2000/ HHS3000

たった1個の試験片、たった1回の測定で、磨耗回数・垂直荷重・摩擦力・磨耗体積の関係を示す3次元磨耗形態グラフ作成が可能です。

より高度な磨耗試験を実現

本機は1個の紙片片による1回の測定で摩耗回数、垂直荷重、摩擦力、摩耗体積の関係を示す3次元摩耗形態グラフ作成、摩耗の遷移に対応する臨界荷重の決定ができます。そのため、複数の試験片を必要としないだけでなく、試験時間を大幅に短縮し、煩雑なデータ解析を解消でき、優れたデータが得られます。

機能

摩擦力測定に、変位測定と画像記録をプラス

測定要素は、荷重変動器による摩擦力測定に加え、変位計による摩擦量、摩耗痕、引掻深さの測定があります。それらのリアルタイムデータを収集することで多角的に物性を解析する事ができます。

また、オプションの「トライボCCDシステム」を併用する事により、摩耗粉の挙動解析・潤滑剤の移動状態など、さらに進んだ試験を行う事ができます。

 

信頼の測定系はそのままに多彩な機能をプラス

加重方式はトライボギア伝統のバランスアーム機構を採用し、高い信頼性を確保しています。 一定荷重から連続加重等の試験モードはタッチパネルで簡単に切り換えることが可能です。 加重も分銅を手で載せる従来の機構から数値入力の自動タイプに進化しました。 さらに標準でY方向ステージや角度調整機能付き移動テーブル等豊富な機能を付加しました。

お問い合わせ

主な仕様

TYPE:HHS2000 TYPE:HHS3000
移動速度 0.1~20mm/sec
駆動モータ 交流サーボモータ
駆動方式 ラック&ピニオン
垂直荷重 高荷重ユニット:10~1000g
低荷重ユニット:1~50g
100g~10000g
荷重変換器容量 高荷重ユニット:19.61N
低荷重ユニット:0.98N
196.1N
テーブル寸法 120×100mm
テーブル動作モード シングル/リピート切り換え
プレスタートモード 固定荷重/連続加重切り換え
安全装置 過負荷安全装置(OVERLOAD)
高周波雑音防止回路 CMRR:AC/DC130dB以上、NMRR:AC50dB以上
動歪みアンプ ゼロ点調整 ・・・ デジタルサーボオートゼロリセット方式
出力(非直線性) ・・・ 0~±5V(±0.05%FS以内)
感度切換 ・・・  0・100・50・25・10%FS
SN比 ・・・  60dB(最大感度)
応答周波数特性 ・・・ 2kHz/-3dB
フィルタ ・・・ 1・10・100HZ・PASS(ローパスフィルタ)
(動歪みアンプは本体に内蔵されています。)
使用環境 0~50℃ 85%RH以内 但し、結露なきこと
電源 AC100V 50/60Hz
本体寸法 W730mm×D490mm×H665mm W1000mm×D520mm×H900mm
付属品 引掻針 1本、ボール圧子 1個、垂直ゲージ 1本、組分銅 1組、
電源コード(2P・E付き2m) 1本、アクリルカバー 1個、工具 1式、
部品ケース 1台、取扱説明書 1部
オプション トライボCCDシステム、加熱装置、冷却装置

オプション

加熱装置や冷却装置などのオプションが使用できます。

点接触から特殊測定など、さまざまな測定子が使用できます。

カタログ

shhs-1

TYPE:HHS2000・3000 カタログ

TYPE:HHS2000・3000 の機能詳細パンフレットはこちら

お問い合わせ

/* 20140217 add by takahashi */