真空摩擦摩耗試験機 Tribovac2000

真空中における各種摩擦摩耗試験機構を真空槽内に組込

定評あるトライボギアの摩擦摩耗試験機構を真空チャンバ内に組み込む事により、真空中での各種摩擦摩耗試験が行えるようになりました。今まで測定する事が難しかった真空中での製品の評価が簡単に行え、宇宙産業や新素材、新技術等の研究開発用途にも広く適応します。

機能

様々な摩擦摩耗試験に応える

加重方式は定評あるHEIDON バランス方式を採用。低荷重から正確に加重出来ます。回転テーブルによる高速摩耗実験等もオプションで可能。微少荷重仕様等にも対応可能です。

様々な試験条件に応える

ターボ分子ポンプにより10 Pa までの真空引きに対応。さらにオプションで高真空仕様にもでき、ユーザー様のニーズにあった様々な条件下での試験が可能です。ぜひお問い合せ下さい。

 

お問い合わせ

主な仕様

TYPE:tribovac2000
垂直荷重 10 ~ 1000g
荷重方式 分銅載せ替え方式
ロードセル サンプル中心ボルト止め(サンプル形状に応じて対応可能)、真空チャック式(オプション)
上部側サンプル固定方法 容量:9.8N 測定精度:±0.098N
ターンテーブルサイズ 直径:60mm
真空ポンプ ターボ分子ポンプ及びロータリーポンプ
サンプル固定方法 上部試料:専用ホルダ使用 下部テーブル側試料:テーブル上にボルト締め
テーブル回転速度 1 ~ 2000rpm 設定可能
動歪みアンプ 制御ラックに収納
摩擦力・外部出力機能 制御ラックに外部出力端子付属
データ解析部 汎用摩擦力解析ソフト(トライボソフト)
付属品 サンプル固定ホルダ(別途ご相談)
トライボソフト(A/D 変換器含む)
電源コード
取扱説明書

オプション

カタログ

sTriboVac2000_1

Tribovac2000 カタログ

お問い合わせ

/* 20140217 add by takahashi */