歪み検査器 TYPE:25W/25WS

高照度・高視野で使いやすい

光の偏向を利用した歪み検査器です。チラツキも少なく、目に優しいインバータ丸型蛍光灯を採用していますので、長時間の検査にも安心してご使用頂けます。
有効視野は、直径280mmと広いため大型試験片の検査、あるいは、数種の試験片も一度に観察でき、比較検討が容易です。アナライザー(上部偏光板:検光子)は、回転式で暗視野/明視野の状態で観察が行えます。

2つの測定方法

プラスチック成型品の流動状態などの観察を得意とする直交ニコル法を採用したTYPE:25Wとガラスなど微少な歪みの観察を可能にした鋭敏色法を採用したTYPE:25WSをご用意しました。
観察に適した観察方法をお選び頂けます。

主な使用目的

主な使用目的は、硝子製品のキズの判定、プラスチック成型品のゲート付近の応力集中の状態検査、ヒートシールの接合部検査、フィルム内ゲル分散状態の観察、フィルム巻き取りによる歪みムラの検査、機械部品の透明モデルによる応力分布の試験、切削刃の摩耗による切削面の歪み発生状態の確認などです。

観察例

TYPE:25Wによる直行ニコル法での観察例

view_1 view_2 view_3
メガネフレームによる
レンズの歪み
ヒートシールのシール状態 ドリル切削面、
ボルト締め付けの歪み

 

view_4 view_5 view_6
カセットケース成形の歪み ドリッパー成形の歪み ドライバーハンドグリップの歪み

TYPE:25WSによる鋭敏角法での観察例

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
無不可状態 加負荷状態

お問い合わせ

主な仕様

TYPE:25W TYPE:25WS
検査方法 直行ニコル法 鋭敏色法
試験片 透過物 高さ:最大130mm
光源 32W・15W 丸形蛍光灯(インバータ)
視野 有効Φ280mm
偏光角 ±90°
偏光度 90%以上
屈折力 ±0.125ディオプタ
解像度 40本/mm以上
平行度 偏角3分以内
鮮明度 拡散角1.5分以内
使用環境 0~50℃ 85%RH以下 但し結露なきこと
電源 AC100W 50/60Hz
寸法 W380 × D445 × H250 mm

オプション

カタログ

s25-1

TYPE:25W・25WS カタログ

お問い合わせ

/* 20140217 add by takahashi */