トルク変換器付撹拌機 BL300Te

このTeシリーズは、ドライブシャフトにスリップリング型の歪式トルク変換器を組み込み、コントロールボックス内の動歪アンプにて増幅されたトルク値を表示、出力します。トルク精度の優れた粘度変動測定が行える攪拌装置です。

BLhシリーズでも作成可能です。
また、回転出力が必要な場合は、Ftシリーズをベースに作成可能です。
詳しくはご相談ください。

※写真は旧タイプになります

機能

特徴

  • 攪拌翼にかかる実負荷を歪式トルク変換器で正確に測定します
  • トルク値がアナログ電圧出力され、粘度変化の把握ができます
  • 攪拌中、粘度変化が生じても設定回転数を守ります
  • スパークのない強力ブラシレスモータを採用しました
  • 攪拌作業中、スイッチ1つで回転方向が切り換えられます
  • 他の機器へ悪影響を及ぼすノイズは出さない、ノイズを受けても誤動作しない対策がされています
  • 攪拌モータの過負荷保護に電流制限回路とサーマルプロテクタの保護装置を設けてます

高機能なデータロガーとセットになった、Te測定パック登場!

小型コンパクトなボディに最大10チャンネル測定可能な高性能データロガーGL220をセットにした、Te測定パックを新たにご用意しました。

006

  •  4.3インチワイドTFTカラー液晶で攪拌実験に見易さをプラス
  • 最大10チャンネル取り込みが可能なので、温度(熱電対はオプション) なども一緒に測定できます
  • 専用の測定ケーブル付属で簡単に測定が可能です。さらに安心のセットアップ済みですぐに実験が可能です
  • 内蔵メモリは2GBの大容量。 1secでの取り込みならなんと最大971日分のロギングが可能です
  • USBでPCにも簡単に接続が可能です。付属ソフトでExcelにもダイレクトで転送できます

データロガー仕様

アナログ入力ch数:10ch
サンプリング周期:10ms~1h(ch制限あり)
電源・消費電力:AC100V 50/60Hz 29VA以下
寸法・重量:194×117×42mm ・ 520g
Te接続用専用ケーブル付属

モーターの回転出力も必要な方は下記測定パックFtプラスをどうぞ
※モーターにBL-Ftシリーズを使用しています。

お問い合わせ

主な仕様

 適用 高粘度用
回転数 5~300rpm
定格トルク 0.9N・m(9.0Kgf・cm)
モータ DCブラシレスモータ B種絶縁 35W
回転制御 フィードバック制御・正転/逆転切り替え(タイマーモード、手動)
正逆転タイマー 5、10、20、30、45、60sec 設定切り換え可能
トルク出力 アナログ電圧:DC0~1V=0~1N・m(0~10.2kgf・cm)
パネル表示 回転数デジタル4桁・過負荷表示 トルクインジケータ(1目盛20%)
チャック φ8mm用コレット型手締めチャック
安全装置 電流制限回路、サーマルプロテクタ:モータコイル温度90℃、安全カバー
電源コード 2極接地プラグ付電源コード2m
電源・消費電力 単相100V±10% 50/60Hz共用・88VA
寸法・重量 本体:W125mm×D190.5mm×H196mm・2.4Kg
動歪みアンプ:W118×D220×H80・750g
付属品 クランプホルダー(Type:21×16)1個、安全カバー
価格 ※お問い合わせください

オプション

別売りの攪拌翼・撹拌シャフトがご利用いただけます。

カタログ

z_te

Teシリーズ カタログ
スリーワンモータトルク変換器付き撹拌機 Teシリーズ
TYPE:BL300Te/BL600Te/BL1200Te

お問い合わせ

/* 20140217 add by takahashi */